FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィール



ハンドル:Dr.Selfish

静岡県出身、男性、既婚、現在58歳、現役歯科医師。

腕には自信がある。しかし53歳を越えるころより目が弱くなってきたのを実感。それと共に集中力の減退を痛感する。また10年ほど前に始まった花粉症が3~4年前から症状拡大悪化を続け、最近では呼吸も苦しくなるほどであり、集中力の減退に拍車をかけている。花粉症ではない人にとっては「たかが花粉症」かもしれないが「されど花粉症」、いやいや重度の花粉症患者にとっては生きて行くのが嫌になってしまうほどの大問題である。

本気で花粉症のない場所に移り住もう…と探した結果、候補に上がったのが「マレーシア」。もちろん理由は花粉症だけではない。歯科医師という仕事、開業してしまえば「お山の大将」、若くても自分が責任者だから「お山の大将」でなければやっていけない部分もあるが、やはりどうにも住む世界が狭くなってしまう。僕のもともとの優しい?性格も自分中心の嫌な奴になってしまったかも知れない(でもってDr.Selfishなのだが)。天職として歯科医師を身体の続く限り、勤め上げるのもひとつの生き方であろう。でも僕はどうしても身体が動くうちに他の世界を経験してみたかったのだ。妻にも大変な苦労をかけたと思っている。そのご褒美を海外生活という形で妻にプレゼントしたかったのである。で妻にも相談したところ(妻に言わせると…すでに決まっていて半強制的…らしいが)、同年代の同業者より若干の早期リタイアしてしばしマレーシアで第3の人生を送ることを認めてくれた。

仕事の整理と移住のための準備で約3年弱の期間を取った。そしてすでに2年弱が過ぎた。夫婦で頑張って何とか先が見えてきた感じだが、1週間程度の海外旅行に数えるほどしか行ったことのない僕たち夫婦が本当に外国になんか住めるのか?周りも自分たちも半信半疑なのである。僕たちが何を考え何をやっているのかを、家族・親戚・友人達に知ってもらおうとブログを立ち上げてみた。かくして僕たち夫婦のマレーシア移住が始まろうとしている。

写真はマレーシアの首都クアラルンプールを象徴するランドマーク、「ペトロナスツインタワー」
高さ452mの88階建てで、マレーシアの国立石油会社ペトロナスによって建築された。 世界2位の高さを誇る。ただし、ツインタワーとしては世界一の高さを誇っている。この塔はイスラム様式でマレーシアのモスクに似せて作られている。タワー1は日本の建築会社ハザマがタワー2は韓国の建築会社サムソンがそれぞれ建設した。2本のタワーの41階と42階を結ぶ連絡橋(スカイブリッジ)は、フランスの建築会社が施工した。昼間の姿はメタリックであるが夜になるとライトアップされ、幻想的な姿を見せる。中には伊勢丹が入っておりいつも賑わっている。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。