FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語

マレーシアに移住している先輩たちは移住に必要なものは語学・パソコン・車だと言う。確かにその土地での生活を充実したものにしようと思うならば、必要となるものだと思う。特に意思の疎通を図る道具、言葉は最も重要だと感じる。中には「日本語だけでマレーシアで生活するには困らないよ」と言う人もいる。日本人会という組織があり、そこには日本食のレストランもあるし、日本食材も販売している。またいろいろな趣味の多数のサークルも充実しているようだ。でも行動が制限されてしまうし、狭い社会から抜け出したかった僕にとっては海外に来た意味が薄れてしまう。

マレーシアには多くの人種の人たちが住んでいる。マレー系・中国系・インド系・白人や日本人を含むその他である。公用語はマレー語であるが、中華系は中国語、インド系はヒンディー語を話す。そして彼らが共通に話すのが英語である。と言ってもマレーシア人全員が英語に堪能なわけではない。ランカウイ島ではホテルやレストラン・タクシー等では問題なかったが、現地では英語がわからない人もいるようだ。首都のクアラルンプールではほとんど英語で不自由は無かった。 そんな訳で多少なりとも学習経験のある英語を勉強しようと考えた。

とは言っても大学の2年生の時以来35年間も英語から遠ざかっているのでほぼ英語の能力は白紙状態である。おまけに僕らの学生時代は今のようにリスニングの授業というものが無く、文法オンリーの英語であったので全く実用にならない。そこで妻を誘って3年計画で英会話を習うことを計画した。いったいどのくらいのことができるのだろう。2006年8月のことである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。