スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシアに行く前にやっておきたいこと

3月中旬にマレーシアでのロングステイを始める前にやっておきたい事がある。「年間帰国計画」でも書いたが、雪見露天風呂を堪能することである。

マレーシアにも温泉があるそうだが、やはり日本の温泉は最高だと思う。様々な泉質、趣のある宿、地物の食材を使った料理等残念ながらマレーシアでは味わえないだろう。

今までも温泉は大好きで特に秘湯と言われる所を選んで楽しんでいたが、仕事の関係もあり休みのとりやすい5月や8月に行くことが多かった。いつか雪見の露天風呂をと思っていたので、退職した今それを実行することにした。

今回の目的地は岐阜県奥飛騨温泉郷にある「福地温泉」とした。丁度今の時期は「青だる」と呼ばれる氷の芸術が見られるそうである。

IMG_2384.jpg IMG_2385.jpg
IMG_2386.jpg

宿は古民家を移築した「かつら木の郷」。外観は古民家そのものであるが、中は囲炉裏や太い柱をうまく配置して落ち着いた雰囲気を出しながら、モダンに仕上がっていた。積もった雪が何とも言えず、良い雰囲気だ。

広い敷地の中に部屋は10室でいずれも離れや離れ風ですべての部屋に囲炉裏の部屋がついている。風呂は男女の内風呂と露天風呂、さらに2つの貸切風呂があり、それぞれに内風呂と露天風呂があり、空いていればいつでも使えるようになっている。広さも趣きも充分である。泉質は柔らかく、目的の雪見露天風呂も堪能できた。

IMG_2429.jpg


食事は囲炉裏のある個室の食事処で一品一品出される。メインはやはり飛騨牛だが、すべての料理がタイミングよく出され、薄味だが素材の味を生かされて大変おいしく頂けた。

IMG_2406.jpg IMG_2396.jpg
IMG_2399.jpg IMG_2400.jpg
IMG_2411.jpg IMG_2412.jpg
IMG_2404.jpg IMG_2421.jpg
IMG_2422.jpg

道路も一部雪はあったものの天候に恵まれ、特に運転に苦労することも無くラッキーであった。時間が取れれば3月までにもう一、二回温泉旅行に行ってみたいものだ。

見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

スポンサーサイト

ジャーン!…ニュークラブが来た

ニュークラブとは言っても妻のゴルフクラブの話。30年間の歯科医院勤務のご褒美としてゴルフクラブを新調した。

最初はあまり乗り気ではなく、どちらでも良いようなことを言っていたが、話が進むにつれて「ゼクシオが欲しい」と主張がはっきりとしてきた。友人のゼクシオを打たせてもらった時にその甲高いインパクト音が気に入ったようだ。

ドライバー、フェアウェイウッドの#5、#7、#9、アイアンの#7~#9、PW、AW、SWのニュークラブの試し打ちに付き合ってきた。

IMG_2380.jpg
IMG_2377.jpg
IMG_2375.jpg



好みは別れるところだが確かに音は派手である。それから明らかに飛ぶ。そして簡単!今日の練習場は左からのサイドフォローの風が吹いていたが、いつもより20ヤード飛んでいるようだ。風が無くても10ヤードは今までより距離は伸びているだろう。それからなぜか曲がらない。今までは飛ばないから力が入っていて曲がる。しかし力を入れなくても飛ぶから、スイングがブレなくてまっすぐ飛ぶのだろう。負けそう…。(汗)

フェアウェイウッドの#9とアイアンの#7の間の距離を埋めるユーティリティが欲しいと言い出した。さてさて困ったもんだ。(大汗)

見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

年間帰国計画

ロングステイがまだ始まっていないのに帰国計画を立てるのも間抜けな話ではあるが、急な用事が無くても年に3回は定期的に帰国しなくてはならなくなりそうだ。

まず最初に2月~3月にかけての確定申告時期である。僕達夫婦は開業当初こそ、税理士に経理を依頼していたが、諸事情により自分達で青色申告を行なう様になり、昨年末リタイアするまでずっと自力で確定申告をしてきた。そして息子も同様に自分でやってみるということでスタートしたが、開設から2週間で早くも息子からのSOSが出た。自分が開業した当初の事を考えても無理も無いことだと思う。

それにこの時期は一年でも一番寒い時期、僕の大好きな雪見露天風呂も楽しめる。現役時代はなかなか時間が取れなくて冬の温泉等夢の夢であったので、リタイアしたらしてみたいことの一つであったので、この時期を確定申告と雪見露天風呂の時期と決めた。

2回目の帰国は6月頃になりそうだ。診療所の管理は息子に譲ったのだが、近くの小学校、幼稚園、保育園から引き続き校医、園医を続けるように頼まれてしまった。色々考えた末、やりがいのある仕事だし、地域医療に貢献したいという気持ちはいまだ萎えてはいないので、小学校が1校、幼稚園が1つ、保育園が2つと重労働であるが、体力の続くうちは引き受けようと考えた。

またこの時期は丁度労働保険や源泉税の納入時期に当たるので確定申告とセットで息子に協力することにした。

さらにこの時期には回遊してきた初鰹が近くの港に水揚げされる。これは「夕鰹」または「もち鰹」と呼ばれ、独特の食感で一度食べたら病み付きとなるはずだ。これも楽しみの一つである。

次に11月から12月にかけてである。この時期は妻には欠かすことが出来ない行事があるらしい。

慶弔や急用等で帰国を余儀なくされることもあるかもしれないが、これで1年の流れが決まった。帰国時にその他の用事も出来るだけこなして行くようにしよう。

見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

航空券ネタをもう一つ

名古屋セントレア空港からのマレーシア航空の直行便がある時は他の選択肢は考えなかったので航空運賃についてもあまり考えたことは無かった。

しかし昨年直行便が廃止されて航空会社、航空運賃、乗り換えの待ち時間等いろいろ考えるようになった。

昨年はタイ航空を利用したが、飛行機材やサービスは問題なかったが、乗り換えのための待ち時間が長くて疲れてしまった。特に帰りのスバンナブーム空港での待ち時間には閉口した。また昨年末の飛行場でのトラブルもあり、今年の3月の訪馬にはシンガポール航空を利用することにした。

そんな訳でシンガポール航空のウェブサイトで調べているうちに面白いことに気がついた。同時期に同路線でも発着地が異なると航空運賃が違ってくるということである。

名古屋とクアラルンプール間を例に取ると、

 名古屋→クアラルンプール→名古屋の場合は
     運賃:66,000円
     燃油サーチャージ+税:30,410円
     合計:96,410円

 クアラルンプール→名古屋→クアラルンプールの場合は
     運賃:58,500円
     燃油サーチャージ+税:28,800円
     合計:87,300円  (1RM=26.59円換算)

となる。マレー人優遇政策か?

また理由はわからないが、航空運賃というのは片道より往復が安い。(謎)

まず日本から往復買って、次にマレーシアで往復を買って日本との行き来を行う。これが一番良いのかな?じゃあ、最初の帰りのチケットはどうするって?それは…

見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


燃油サーチャージ値下げ

3月の訪馬に際し、何時航空券を買おうかと燃油サーチャージの改定の情報を待っていた。昨年の6月の訪馬ではバンコク経由のタイ航空を利用したが、今回はシンガポール航空を使うことに決めた。

シンガポール航空は日本の航空会社と比較しても燃油サーチャージが安く設定されており、最近の原油価格の下落でさらに下がると期待していたのである。最も価格だけで言えば中華系の航空会社を利用すれば安くはなるが、利用しようとは思わない。

シンガポール航空の燃油サーチャージの見直しについてはウェブサイトに詳しく書かれているが、つい最近までは以下のような内容であった。

「日本時間の毎月10日午前10時に、シンガポールケロシン市況価格を確認し、直近30営業日連続して下記の基準価格を下回った場合、翌々月の1日発券分から額の改定を行います」

昨年の11月に改定されていたが、最近急激に原油価格の変動があったので1月くらいに再度改定されるのではないかと友人も話していたので、航空券購入のタイミングを計っていた。久しぶりにシンガポール航空のウェブサイトを確認したところ、12月20日発券分から新価格になっているようで3月末までこの料金が使われるようである。

しかし下がった金額は日本、シンガポール間で100USドルが95USドルとわずか5USドル、約500円だけであったのにはがっかりした。おまけに次回の改定についての記述が以下のように変更になっていた。

「改定時点における直近3ヶ月間の航空燃油価格(シンガポールケロシン)の平均を用いることとします。航空燃油価格の平均が変動した場合、下表にしたがって改定を行います」

最近の原油価格の下落が激しいだけに毎月の見直しから3ヶ月の平均に変わってしまったのはあまり恩恵が受けられないということだろう。

僕達が出かける3月までは改定が無いということで、航空券の購入を行なった。燃油サーチャージが廃止されるに越したことは無いが、円高と同じであまり振り回されることが無いようにしなくては…。

見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

年頭に思うこと

昨年末にリタイアしてホッとしたのか、今日まで冬眠状態であった。と、言いたいところなのだが、実は息子への代替わりのために、今使用中のカルテソフトと会計ソフトの修正に追われ、休み返上で普段より忙しい生活をしていた。

本来ならばすべて息子の仕事なのであるが、パソコンに弱くてとても出来そうにないので、ボランティアとしてしゃしゃり出てきたわけだ。一応仕事始めに間に合わせたので、明日からは普通の生活に戻ることが出来るだろう。

そんな訳で少々遅くなってしまったが、今年の年頭にあたり考えている事を書いてみよう。実は昨年は体調は決して良くは無かった、と言うよりかなり不調であった。精神的にも肉体的にも今まで生きてきた中で最悪だったと言ってもよい。今年は3月にはマレーシアでのロングステイが始まり、今までとは全く違う環境での生活となる。そうした中で夫婦共体を健康に維持していくことが必要条件であり、今年の最大の目標となる。

今年は仕事上の組織の役員改選の年に当たり、必然的に会合の回数も多くなる。3月中旬までに15回の会合が予定されている。あとはやり残してしまった患者さんの治療をしなくてはいけないが、それでも今までと比べれば格段に自由時間が増える。その時間を利用して2ヶ月間ジムにこまめに通うつもりである。なんとかウエストを3センチ縮めなくては…(アルコールを控えれば何と言うことではないのがわかっているが)。テニスの練習も週1回を2~3回に増やしてみよう。寒いのでゴルフはコースには行かないが、週1回の練習は腰を痛めてはいけないのでその辺は適当に臨機応変に。

とにかく今年は僕達夫婦にとって新たな生活のスタートの年となる。悪いところは労わり、楽しく生きて行きたいものである。
見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。