スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越し荷物発送完了

朝降っていた雨も荷物を運び出す頃には上がり、ラッキーでした。

約束どおり9時に日通さんが来てくれて、荷物の梱包が始まりました。何とマレーシアと違って時間に正確なんでしょう。笑)

僕達の帰国日の前日に梱包用のダンボールと緩衝材をある程度持ってきてくれてあったので、特に衣類など他人に触られたくないものは予め組み立てた段ボール箱に入れておいたので、荷造りはスムーズに進みました。

箱に入れるものは種類と数をすべてリストに書き入れます。例・・・タオル20枚、Tシャツ10枚、化粧品セット等です。衣類など軽いものはLサイズの箱に入れ、本などの重いものはSサイズの箱に少なめに入れ、空いた部分には衣類などを緩衝材の代わりにして詰めていきました。

マッサージチェアーやジョーバ、大型スピーカー等は適合するダンボール箱が無いので、どうするのかと見ていたら、段ボール箱を切り貼りしてそのものに合った大きさの段ボール箱を作っていきます。2重の箱を作り上げました。ただ部屋の中でマッサージチェアーを大きな段ボール箱に入れてしまうと、ドアを通らなくなってしまうので、最初に箱だけをトラックの荷台に運び、次にマッサージチェアーを運び出し、リフトで上げて荷台で箱詰めしていました。

IMG_2622.jpg3人がかりでトラックまで運びます   
IMG_2624.jpgリフトで荷台まで運び上げます    IMG_2627.jpg荷台の中で自作したダンボールに箱詰めします

     


食器はすべて任せました。素人がやるよりはるかに能率が良くて、完璧な梱包でした。

荷物の数は全部で20個でした。容量にして117cft(キュービックフィート)です。日通の方の話によると、駐在の家族の方と比べると、少ないほうだと言うことでした。見積もり時の予想では270cftでしたので、かなり予想より少なくて済んだと思っています。見積もり時の運送料は36.5万円程だったのですが、どのくらいになるのでしょうか。明日正式な運送料を知らせてくれることになっています。

これはマレーシアですでに部屋を決めて住み始めており、ある程度必要なものと、そうでないものを見極めることが出来ていたからだと思います。妻も最初、食器などはもっとたくさん持っていくつもりでいたのですが、マレーシアでの自炊・外食の割合を考えて調整したようです。衣類なども他の荷物の緩衝材として利用することで、持っていくつもりの量は減らさずに荷物の数を減らすことが出来ました。

最後に書き出したリストの一つ一つの品物の申告金額を記入します。例・・・マッサージチェアー30万円、タオル10枚100円等ですが、大きな品物以外は全くアバウトなものです。これは輸送時の事故に対する保険の為に必要になります。保険料率は1.2%ということですので、輸送品の合計金額が100万円とするならば、保険料は1万2千円ということになります。

3時間程で梱包から運び出し、最終契約まで終了しました。

マッサージチェアーとジョーバが無くなった僕の部屋はこんな広かったんだ。ちょっとびっくりしてます。

僕達がマレーシアに戻る頃と前後して、約4~6週間でマレーシアに荷物が到着する予定です。無事に到着する事を祈ります。

見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
スポンサーサイト

引越しです

5日前に日本に帰国しました。

今の日本の気候は最高ですね。涼しいしさわやかな風が吹いています。日本に着いた途端に少し鼻づまりが始まりましたが、花粉症も消えかかっていて楽です。夜も布団でよく眠ることが出来ます。

マレー料理も中華料理もインド料理もすべて好きですが、やはり日本の食事は旨いです。帰ってきてすぐにすしを食べに行きました(勿論回転寿司ですが)。ウナギも食べたいです。すっぽんも絶対食べるつもりです。笑)

帰国中に温泉にも行きたいと思っています。

さて目的はマレーシアへの引越し荷物の発送と学校健診・歯科医院の経理です。

帰国してから4日間引越しの荷物をまとめていましたが、今日引越しをお願いした日通が荷物をパッキングして運んで行ってくれることになっています。

マッサージ機、ジーウーバ、ホームシアターシステム等が大きなものです。

朝から曇っていましたが、雨が降り始めました。さてさてどうなりますか。


見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

電化製品の購入とトラブル

僕達の借りたコンドはfully-furnishedなので電化製品・エアコン・ベッド・家具等すべて付いているのですが、付属の電化製品はどうもいけません。

テレビは薄型で無いにしてもフラット画面が普通なのに曲面だし、冷蔵庫は何となくにおいがあるし、洗濯機は動くのは動くものの水が止まらない。当然新しいものに替えてもらえるように交渉しましたが、賃貸料を安くしたのだからそれは出来ないと断られました。故障しているものは修理すると言うものの時間がかかりそうだし、生活の質を落としたくないので、全部自分で新品を購入することにしました。

引越し後、すぐに行動に移しました。ワンウタマショッピングセンターにはBEST電器が入っていてここで購入することにしました。

テレビはソニー製の液晶の38型にしました。DVDを視るのにもそこそこ迫力があって楽しめそうですが、日本と違ってかなり部屋が広いので若干小さく感じてしまいます。

冷蔵庫は若干余裕のサイズにしました。1日1回は外食することにしていますので、余り大きなものは必要ありませんが、それでもビールはしっかりと入れておきたいので、見合ったサイズと言えるのかもしれません。パナソニック製です。

洗濯機はサンヨーの最新型の斜めドラムのものを選びました。後はアイロン・ヘアードライヤー・オーブンレンジ等を購入しました。付属の電子レンジですが、今は調味料入れに格下げです。

小物は在庫があるのですが、テレビ・冷蔵庫は3日、洗濯機は4日程待って欲しいと言われました。今回マレーシアに来るに当たって4~5組くらいの洋服しか持って来なかったので、洗濯機はすぐにでも欲しかったのですが、仕方ありません。テレビも「天地人」を大型画面で視たいという妻の要望が強かったのですが、4日後に配達ということになりました。

しかし、そこはやっぱりマレーシアですねぇ。4日後に配達されたのは洗濯機とテレビを除く電化製品でした。一体マレーシアはどうなっとんじゃい!洗濯物をいっぱい抱え、週末「天地人」を大型テレビで視れなくなった妻の頭からは角が生えてましたね。ベスト電器に電話すると、2日後には必ず持ってくるという返事でした。が・・・。

2日後、予定の配達時間を4時間程遅れて洗濯機はやって来ました。「テレビは?」と聞くと、「知らない」との返事。仕方ないので洗濯機の設置をやっている間に、ベスト電器に電話すると、後3日待って欲しいとのこと。キーボードをたたきながら、血圧が上がってきました。

配達人は洗濯機の設置を終え、OKと言って帰っていきました。妻は早速選択を始めましたが、暫くして僕のところに来て「洗濯機が動かない」と、もう爆発寸前でした。僕もさすがに頭にきて、夜の7時半過ぎでしたがベスト電器に電話して、「すぐにこちらに来て使えるようにしなさい」と言って電話を切りました。当然その日は誰も来ないと思っていたのですが、8時過ぎになって担当者が二人で姿を現しました。

二人は説明書を見ながら、ああでもない、こうでもないと格闘しておりましたが、「ホースが1本足りない、そのホースを背面に設置する必要がある。今日は応急処置で排水用のホースを仮止めしておく」と訳のわからないことを言いながら、何とか動くようにしていきましたが、そのホースの位置が少しでもずれると止まってしまいます。よくよく説明書を読むと、ホースが1本足りないのではなく、排水用のホースの長さ、位置を所定のようにしないと動かない、と記載がありました。

説明書どおりに設定すると洗濯機は何事も無かったように動き出しました。説明書の書き方も悪いし、担当者も何にもわかっていない。本当に大変なところです。マレーシアって。(笑)

3日後にやはり2時間遅れでやっとテレビが届き、電化製品の配達は10日間かかって終了しました。その後はすべて順調に作動しています。


見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

マレーシアの水

人間生きていく為には水が必要ですが、マレーシアでも他の外国と同様に水道の水をそのまま飲むというわけにはいきません。

僕達のコンドでは水道の大元にフィルターが設置されているということで、確かに感覚的には綺麗な気がします。住んでいる方のお話を聞くとそのまま飲まれている方もいるようですが、少し心配なので僕達はミネラルウォーターの宅配を利用することにしました。

水の宅配を行なっている会社はたくさんありますので、連絡するとすぐに持って来てくれます。デポジットを払ってディスペンサーを借りましたが、いつでも冷水と温水が出るので非常に楽です。日本のやつと同じですね。

ミネラルウォーターを多量に取りすぎると、尿管結石になりやすいというようなことも聞きますが、真偽のほどはわかりません。それよりもおなかをこわすほうが怖いので、これからも宅配を利用することになると思います。

飲用・料理にはこのミネラルウォーターを使っていますが、食器を洗ったり、顔を洗ったり、歯磨きしたりするには蛇口に簡易型のフィルターをつけて利用しています。

あとは洗濯用の水です。これも洗濯機に入る管にフィルターをつけています。これがないと白い洋服は黄ばんでくると言われました。装着して1ヶ月ほど経ちましたが、すこし変色してきました。もう少ししたら新しいものに替えるつもりです。2~3ヶ月が替え時でしょうか。

シャワーはそのままで問題なさそうです。


見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

銀行口座自動引き落とし(Standing Instruction)

以前、マレーシアのクレジットカードのところで少し書きましたが、日本と同様にマレーシアでも銀行口座自動引きとしが可能です。

予め銀行の支店に行くかインターネットバンキングで手続きを行なうのですが、期日・金額等状況に応じて設定できます。

僕の場合は現在、コンドの賃貸料とクレジットカードの支払をこの方法で支払っています。

コンドの場合には毎月1日に契約した賃貸料をオーナーの口座に振り込むように指定してあります。

クレジットカードの場合は請求書の日付に請求額を支払うよう指示しています。クレジットカードで買い物をした時にはこまめにチェックしていますので、もしクレジット詐欺が判明した時にはすぐにわかりますから、問題ないと思います。

これらについてはこうしておけば日本に帰国したりする時も安心です。

電話代・インターネット代は請求書が来た時点で、銀行振り込みをしています。日本帰国時など長期に家を開ける場合には次の月の請求額を予想して多めに振り込んでおくと、差し引かれますので、問題ないでしょう。

電気代・水道代はコンドのマネージメントオフィスに小切手で支払うように指定されていますので、current account (当座預金口座)を開設し、小切手を切れるようにしました。CIMBバンクではある一定以上の額を当座預金に入れておくとclub account と言って定期預金並みの利息が付くシステムがありますので、これを利用しています。


見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

マレーシアのクレジットカード

日本で作ったクレジットカードは3種類ほど持ってきており、マレーシアに来てからも金額がある程度になる場合には使用しておりましたが、当然のことながら海外使用手数料が為替手数料に上乗せされて請求されるので、マレーシアのクレジットカードも作るつもりでいました。

中にはマレーシアはクレジット詐欺のメッカだからなるべくクレジットカードは使わないほうが良いよ、と言われる方もいらっしゃいますが、使用履歴をしっかりと確認し、もし心当たりの無い履歴があった場合には、届け出ることによって被害額は保証されますので、逆に現金を持ち歩くより安全だと僕は考えています。

日本にいる間に銀行の支店長宛にメールをして聞いたところ問題無く作ることができるということだったので、支店に赴き、クレジットカードの申請手続きを行ないました。

クレジットカードを作る条件として、デポジットの定期預金が要求されます。これはMM2HPの定期預金とは別なものを用意しなくてはいけません。例えば3万リンギの定期預金を作ると、その範囲で使用が可能になります。カードを保持している期間中、この定期預金は解約できません。

支店では担当者に記入の仕方を教わりながら申請書に必要事項を記載しました。僕達の取引銀行であるCIMB銀行ではマスターカード・VISAカードを取り扱っていましたが、自分と妻の分のVISAを選びました。2週間ほどでカードが手元に届くと言われました。

数日後カード会社?から身元確認の電話があり、仕事内容・収入・住所・その他を尋ねられましたが、その時マスターカードは年会費は無料、VISAは年会費が必要と言われました。マレーシアではマスターカードはほぼどこへ行っても使えるということなのでマスターカードに変更しました。

新しいコンドは車が無いと住めないので、車が来たのと同時に引越しをしましたが、その前にすでにカードを配達に郵便局員が来ていたようです。郵便ポストの中に配達記録が入れられており、指定の局に電話し氏名・配達記録番号・住所・パスポート番号を言うと、シャーラムの郵便局に取りに来るように言われましたが、遠いし場所も良くわからないので、再配達を依頼しました。3日後を指定されました。

さすが!マレーシア、約束の日にちゃんと再配達されました(たまには褒めとかんと…)。プリンシパルカードと妻の分の家族カード2通分です。中を開封するとカードと手紙が入っており、カードはそのままでは使用できないのでアクティベートする必要があると書かれておりました。方法はe-mail、SMS、電話があります。僕達は必要事項をSMSで携帯電話から送信してアクティベートしました。妻の分も僕の名前でアクティベートします。

これでサインをすることによりクレジットカードが使用できるようになりましたが、さらに暗証番号入力を要求された場合を考えて、暗証番号の請求も行ないました。

これは銀行の支店(どこでも良いです)に行き、クレジットカードの暗証番号を申請したい旨を伝え、用紙に必要事項を記入します。1週間ほどで郵便で暗証番号が書かれた手紙が郵送されてきました。次にATMを操作して自分専用の6桁の暗証番号に変更します。やり方が良くわからなかったので銀行のお姉さんに教えてもらいながら操作を行ないました。

今は妻共々便利にクレジットカードを使っています。僕達がよく行くレストランではこのカードを利用すると、10%オフになるので有難いです。他にも色々特典はあるのでしょうが、今のところ勉強不足で良くわかりません。

一つ注意しなくてはいけないのは支払です。日本ではカードを申し込む時に最初から引落し口座を指定していますので自動的に引落されますが、マレーシアではそれぞれのカードに口座が用意されます。そしてその口座に使った金額を振り込まなくてはいけないのです。

僕の友人も最初は自動引き落としだと思っていたようで、知らずにそのままにしておいたら延滞金を取られたと言っておりました。

請求書が来たら、内容を確認してインターネットバンキングで支払うことは出来ますが、日本帰国時に来た請求書には対処できません。多目の金額を振り込んでおくか、Standing Instructionといって、支払日と支払金額を予め指定して自動振込みする方法が良いと思います。

僕達の場合は後者を選択し、請求書の日付で請求額を振り込むよう、インターネットバンキングで手続きを行ないました。


見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ

インターネット開通

4月2日に電話とインターネットの申し込みをして、新しいコンドに移った4月7日に電話が設置され、マレーシアでは珍しく順調に来ていましたが、この後がやはりうまく事が進みませんでした。

電話が設置された時の話では3日~1週間後にインターネットが使えるようになるとの話でしたが、1週間たっても全く音沙汰無しです。

そこでクレームは固定電話から#100に電話するように言われていましたので、電話しましたがこれまたクレームの多さを象徴するように全く繋がりません。仕方が無いのでスピーカーホンにして20分以上待っていたら、やっと順番が回ってきました。

電話設置後1週間たってもインターネットの工事に来ないよ~と言うと、3日後に行くとの返事、こちらとしては言うとおりにしなければ何も出来ないのでわかったということで電話を切りました。多分工事の手続きをし忘れていたのだろうなと思いながら、待つことにしました。

しかし、というかやはりと言うか、3日たっても連絡はありません。再度TMに電話をして催促すると、1週間後に行くとの事です。担当者の話によると、僕達のコンドの地区の回線状況が悪いからと言うことです。意味がわかりません。

さすがに頭にきてそんなに待てない、今日やってくれと言うと今日は無理だから明日工事に行かせるとの事でした。数時間後工事担当者から明日工事に行くと連絡がありました。そして次の日に予定通り担当者が来て分配器とモデムをセッティング、接続操作をして無事インターネットが接続されました。TMの言うとおりにしているといつまでも繋がりません。何回も文句を言うことが必要のようです。

担当者曰く、最初は規定のスピードは出ないが数日すると回線スピードが速くなるからとの事です。これも意味が良くわかりません。

ちなみに下り2Mbpsの契約で現在、下り1.75Mbps、上り0.41Mbpsですが、これってこんなものでしょうか、それともクレームを言えば改善されるレベルなのでしょうか?

現実問題としてはロケーションフリーは視聴可能です。時間帯によっては時々画面がとまりますので、画質を落としてやれば不満はありますが何とか見ることが出来ます。またマレーシア国内のサイトはほぼ問題ないスピードでネットサーフィンできますが、日本のサイトの場合には時として非常に表示速度が遅くなります。でも以前経験したように全く繋がらないというような事は今のところありません。

見ないと損するマレーシア情報はこちらからどうぞにほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。