スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシアではインフレの兆候?

ゴルフのレジストレーション(プレー受付)の時、来年からプレー代が値上げとなる張り紙がしてありました。

ビジター向けのプロモーション価格も上がります。メンバーはグリーンフィーは無料ですのでこれは関係ありませんが、キャディーフィーが5%のアップとなります。9Hのウォーキングゴルフは全くお金がかからないので、変化ありませんが、バギーを使ってのプレーではキャディーを付ける規則になっていますので今までより若干の値上げとなるようです。

今年はバスの値上げもありましたし、来年早々電力料金の値上げがあるようなことも新聞で見ました。僕はあまり気にしていなかったのですが、妻はやはり料金には敏感で、「ここのパン屋値が上がった」などと、しょっちゅう言っております。

日本から視察でみえた方や住み始めたばかりの方は「こちらの物価は日本の三分の一だ」などと言われますが、それなりのものを買ってそれなりのものを食べれば、あまり日本とは変わらなくなってしまうのです。

住宅事情はまだ明らかに日本より良い状態ですので、低価格で良い物件が(日本と比較して)手に入りますが、僕のコンドの様に近くにインターナショナルスクールなどができたりすると、RENT、BUYともかなり高騰し、かつ物件の数も少なくなってきています。

僕が考えるマレーシアの利点はたくさんありますが、3つあげるとすると、第一に花粉症が無いこと、第二にゴルフを安価にのんびりと楽しむことが出来る、第三に低価格で良い住宅に住むことができること、です。まだまだ十分旨みはありますが、その部分が段々怪しくなりつつあるような気もしないではありません。多分大丈夫でしょうけど…。
スポンサーサイト

マレーシアでクリスマス初体験

いつものように9ホールのウォーキングゴルフを楽しみ、あがってくる途中で、今日一緒にラウンドした中華系マレーシア人のローさんと奥さんのビビアンから、「明日のクリスマスの予定はあるかい?もし良かったら教会でクリスマスのショーを観てその後ディナーでもどう?」と誘われました。

ローさん夫婦はクリスチャンということで、南国マレーシアで「なんちゃって」では無くて本来のクリスマスのお祝いに参加するのも意味があると思い、ご一緒させていただくことにしました。

こちらマレーシアでは25日のクリスマスはナショナルホリデーになっており、お休みです。先日一緒にラウンドしたマレーシア人によると、勤務している会社の規模によって違うがクリスマスホリデーとして数日から2週間ほどの休みを取るそうです。

ローさんが午後3時半に我々のコンドミニアムに迎えに来てくれ、PJにある教会に連れて行ってくれました。ローさんとビビアンが知人を紹介してくれ、たくさんのローカルの人達と握手、挨拶をしました。みんな本当にニコニコして良い顔をしています。


1.jpg ローさん曰く「僕は韓国人によく間違われるけど、君は中国人みたいだね」。えっ?今までそんなこと言われたこと無いけど…。

18.jpg 中華系マレーシア人は日本人と並んでも違和感の無い人が多い。


ショーは信者さんたちが役者になって演劇をやります。内容は崩壊した家庭が神の教えによって再び愛と結束を取り戻すという、ほのぼのとしたものです。世界中、どこでも同じような悩みを抱えているんだと感じた次第です。言葉はすべて英語ですので全部を理解するまでには至りませんでしたが、かなりの部分までは僕のプアな英語力でも理解できました。

15.jpg 素人なのになかなかの熱演でした。


終了後、4人で新しくオープンしたトロピカーナモールに繰り出し、ディナーを楽しみました。途中からローさん夫婦の娘さんも加わり、楽しい時間をすごすことが出来ました。

20.jpg  ローさんの娘さんも加わって

22.jpg トロピカーナモールに聖歌隊登場?

23.jpg なかなか綺麗な歌声でした

日本からこんなもの買って来ました

日本から戻ってくる時には当然、こちらマレーシアで手に入りにくいもの、手に入っても高いもの等を買ってきます。

意外とこちらで手に入りにくいものが、ちょっとした酒のつまみになる乾き物です。こちらのナッツ等は砂糖をまぶしたものが多く、とてもアルコールのお供という訳にはいきません。サキイカは売っていますがそれだけでは飽きてしまいますので、日本に帰った時にはちょっと珍しくて賞味期限の出来るだけ長いものを探して買ってくるようにしています。

鶏肉の燻製、うなぎやアサリの佃煮、焼きアジ、いわしの干物、大好きなジャイアントコーン(変でしょ)、わさび漬け等等ですが、今回は山形の菊、秋田の漬物の燻製「いぶりがっこ」等を買ってきました。

さっそく菊の花のおひたし、アサリの佃煮、いぶりがっこをつまみながら、知人から頂いた山形の地酒でちびちびとやりました。山形の菊は今は季節はずれなので、乾燥菊を戻しておひたしにしたものですがそれでも十分歯ごたえを楽しめます。生の菊の場合はさらにキュッキュッとした食感が増し、なんとも言えません。カツオのたたきは日本人会で買ってきた冷凍物ですが結構いけます。ただしマグロの冷凍は駄目です。

CIMG0011.jpg

CIMG0014.jpg

CIMG0013.jpg



アサリは地元の浜名湖の名産です。いぶりがっこは今まで知りませんでしたが、秋田旅行をした際に旅館で出され、大変香ばしくて気に入ったのでお土産に買ってきました。燻製にしたいぶり大根を漬けたものです。

暫くはつまみに苦労しなくてすみそうです。

そうそう今回の帰国ではこんなものも買ってきました。

IMG_3207.jpg


カシオのデジカメ、EXILIM FC-150です。デジカメ本体の機能としては特に目立った部分は無いと思われますが、ハイスピードビデオの撮影が出来るのです。これは面白いし使い道を考えると役に立ちそうです。

一昨日のゴルフのショットはまあまあだったのですが、昨日は芝の上からのショットがすべて酷いトップボール、つまりチョロでした。ラウンド中に修正しようとしたのですが、全く直りません。仕方が無いので妻にこのハイスピード機能を使って撮影してもらいました。

家に帰ってじっくりとTV画面で見ましたが、腰の痛みからか体重移動が出来ていないことに気づきました。そんなわけで今日は体重移動を意識してスイングしたところ、トップボールは治まりました。ゴルフのスイング調整には使えそうですね。

1ヶ月も留守をすると…

今年3月に来馬して3回目の帰国は今まで一番長く、1ヶ月以上になってしまいました。

6月に4週間、9月に2週間の帰国期間がありましたが、これまでは特に問題はありませんでした。いやいやあった、あった。車のバッテリーのリードをはずしてアラームの設定が狂ってしまったんでした。

今回の帰国は本当に急で、日本の家族からの呼び出しがあり次の日には帰国というスケジュールだったので何も準備が出来ていない状態でした。

ただ母と義父の具合が余り良くないのでいつでも帰国できるようにと、スーツケースにはその時期の日本に合わせた服は詰めておいたので、その点はあわてずに済みました。

前日には1週間分の食糧を買い込んで、冷蔵庫が満タン状態であったので、これの処理が大変でした。冷凍できるものは冷凍しましたが、ほとんどのものは近くの知人に食べてもらいました。

車のバッテリーは4月におろしたばかりの新車ということもあって、接続したままで大丈夫でした。6月のアラーム事件以来、長期に留守をする場合にはディーラーのトロイに車を預かってもらいメンテナンスをしてもらう約束をしていましたが、今回はその以来も出来ないくらい急な事だったのです。幸いにも車関係は問題無しでした。

びっくりしたのは今さらですがマレーシアの湿気です。キッチンシンクの下にはいつも湿気とり、カビ防止、防臭の効果のある薬剤をおいているのですが、その容器になんと半分以上水がたまっていたのです。他のキャビネットにおいてあったものも同様です。洋服ダンスにおいてあった洋服は大丈夫でしたが、戻った後はドアを全開にして中を乾燥させました。

一度に湿気とりの薬剤がなくなってしまったので、近くのCURVEにあるダイソーに行き、5リンギの湿気とりをしこたま買い込んで来ました。

CIMG0009.jpg


丁度雨季に重なったからかもしれませんが、やはり「マレーシアは湿気に注意」です。

やっとマレーシアに戻りました

1ヶ月以上の日本帰国を終え、やっとマレーシアに戻りました。

初めの予定では来年にならないとマレーシアには戻れないと思っていましたが、いろいろな生活関連の支払いも出てくるので、何とか都合をつけて帰ってきました。

今回は11月の半ばからの日本帰国でしたので、まだそれほど寒くは無かったのですが、こちらと比べれば気温の差は大きく、関節には負担がかかります。しっかりとぎっくり腰のお土産を持って帰ってきました。笑)

マレーシアはすっかりクリスマスを迎える準備が出来ているようです。どこへ行ってもクリスマスツリーが煌びやかに飾り付けられ、赤い帽子に半そでのクリスマス姿の店員が目立ちます。熱帯でクリスマスも若干違和感があるものの、次第に目が慣れてきました。日本でもクリスチャンでもないのにクリスマスは一大イベントですが、こちらマレーシアでもイスラム国家なのにキリスト教のお祝いを平然としていて、祭日になっているというのも…です。

CURVEとKLCCのクリスマスツリーを見てきました。こちらの建物は吹き抜け部分が大きいのでクリスマスツリーも大きくて迫力があります。

CIMG0007.jpg CURVEのクリスマスツリーです

またすぐに日本への帰国命令が発せられるかもしれない状況ですが、腰の養生をしながらしばらくはマレーシアに留まるつもりでいます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。