スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ Hua Hin(ホアヒン)へのゴルフ旅行

友人の中華系マレーシア人夫婦に誘われて、タイでゴルフを楽しんできました。

昨年の12月の初めにもタイのバンコクに観光に行ったのですが、その時はマレーシア航空を利用しましたが、今回はエアーアジアです。機材は綺麗なのですが、やはりシートピッチが狭くて、シートも立っていて窮屈です。リクライニングもごくわずかしか倒れないので、はっきり言ってあまり乗りたくないです。2~3時間が限度だと感じました(もっとも一昨年の10月にはLCCTとイギリスのスタンステット空港間をエアーアジアで14時間のフライトを経験しましたが←死ぬ思いでした…笑)。

airasia.jpg

メンバーは総勢9人、結構大所帯です。ゴルフは6人、我々夫婦と中華系の友人夫婦(ロー、ビビアン)、そしてローカルの男性2人(デニー、タン)で、皆トロピカーナゴルフクラブのメンバーです。あとはタンの奥さんと子供二人です。4歳のミランダがとってもかわいいんです。

huahin18.jpg

目的地はHua Hin ホアヒンという場所で、バンコクの南方にある海岸い沿いの町です。スワンナブーム空港からはチャーターしたワゴン車で約2時間半位の所にあります。

タイの王様もよく保養に来られる場所ということで、セキュリティもしっかりしていて夜歩いても全く不安感はありません。

huahin3.jpg
毎日ナイトマーケットが開かれています


車の数もさほど多くなく、渋滞は無かったです。バンコクのような空気の汚染も無く、安心して出歩くことができます。またシーフードも豊富で料理は日本人の口にも合うと思います。

huahin5.jpg

fuahin6.jpg
こんなロブスターも平気で食べられています

huahin2.jpg
みんなでタイスキを平らげました

ホテルはホアヒンから車で30分ほど離れている海岸沿いのCha-amという所で、道路を隔ててすぐ浜辺があり、たくさんの人が泳いでいました。

huahin1.jpg


ホアヒン周辺はヨーロッパやオーストラリアからの長期滞在者が多く、地元の人よりも白人が多いような感じでした。物価もバンコク等と比べると格段に安く、長期滞在用の施設も充実していて、比較的安く借りられるようです。通常の生活においては英語も通じ、言葉の問題は無さそうでした。日本人の長期滞在者にもターゲットになりそうな場所に感じました。

また何よりも良いのは気候です。今の時期マレーシアもあまり暑くはありませんが、ホアヒンはさらに湿度が低くて涼しかったです。インターネットで調べてみると1年を通じて温暖で、雨量もさほど多くないようです。王様が好むはずです。

さて我々の本来の目的、ゴルフです。今回はBanyan Golf ClubとBlack Mountain Golf Clubの2つのチャンピオンコースでのラウンドを楽しんできました。

バニアンゴルフクラブは2008年秋にオープンしたばかりで、Asian Golf Monthly Awards 2009のベストニューコースに選ばれたということで、確かにすばらしいコースです。

huahin11.jpg

huahin7.jpg

huahin8.jpg

huahin9.jpg

huahin10.jpg


バギーはGPS付でもちろんゴルファー一人にキャディーが一人付き、運転してボールの場所まで連れて行ってくれます。まだ若いコースですから、植えられている木は低いのですが、戦略性は高いと思います。グリーンはマレーシアのコースと違って柔らかく、ボールは止まりやすいです。しかしグリーンのスピードは速く、すばらしいグリーンだと感じました。

次の日はブラックマウンテン・ゴルフクラブでプレーしました。ここは1週間前までアジアとヨーロッパのプロの選抜チームの対抗戦が行われていたコースで日本からは石川遼クンも出場していましたね。

ブラックマウンテンという名の通り、コースの傍には黒い岩肌の山が存在感を出しています。コースの看板も黒、ピンフラッグも黒、従業員のユニフォームも黒とまさにブラックマウンテンです。やはり、コースのレイアウト、グリーンスピード、メンテナンスは申し分なしです。

huahin12.jpg

huahin15.jpg

huahin14.jpg
ゴルフ組のメンバーです

huahin16.jpg
後ろの山の岩肌が真っ黒です ブラックマウンテンのいわれだそうです

huahin17.jpg


ブラックマウンテンではバギーと手引きのカートを選択できるのですが、我々は料金の安い手引きカートでプレーすることにしました。手引きと言ってももちろんキャディーが引いてくれます。ホアヒンは大変涼しく、湿度も低いので18ホール歩いてもあまり疲れませんでした。

huahin13.jpg


正直言うと、ホアヒンという名前を知りませんでしたが、すばらしい場所でした。また機会を作って行ってみたいです。またチェンマイも涼しく、良いゴルフコースがあると聞いているので、こちらが先かな…なんて次の作戦を練り始めました。

今回のゴルフトリップでは予約は全てマレーシア人の友人がやってくれたのですが、エアーアジアを利用しました。料金は夫婦二人往復で1,024リンギかかりました。これには往復の座席の指定料金、機内預け荷物20kg、復路での食事代が含まれていました。またこれとは別にゴルフバッグの料金一人片道50リンギ、往復二人で200リンギが徴収されましたので、かなり高いと感じてしまいました。

実際12月にバンコクへの観光旅行でマレーシア航空を利用した時にはプロモーション価格で985リンギでした。マレーシア航空では20kgまで機内預け荷物は無料ですし、往復とも食事が出ました。もちろんアルコール類も無料です。さらにゴルフバッグは一人一つが無料となっているようです。今回は明らかにエアーアジアの負けです。

エアーアジアは確かに低価格ですが、他の航空会社もこれに対抗して各種のプロモーションを実施していますので、何でもかんでもエアーアジアではなく、各社の料金を比較してみる必要があるでしょう。

またバンコクとホアヒン間のワゴン車のチャーター料金は往復で一人1400バーツ(約140リンギ)、二人で2800バーツ(約280リンギ)でした。ドライバーへのチップ込みです。今回の旅行では大人8人でゴルフバッグも6つあるので、10人乗りのワゴン車2台をチャーターしました。かなり安い!

ゴルフプレー料金はバニャンゴルフクラブがグリーンフィー、バギー代、キャディーフィー込みで一人、320リンギ、夫婦で640リンギ。マレーシアと比べるとかなり高めです。ブラックマウンテンゴルフクラブはグリーンフィー、キャディーフィー込みで一人260リンギ、夫婦で520リンギでした。バギーを利用する場合は一人60リンギくらいかかると言っていたと記憶しています。
スポンサーサイト

MTC(Malaysia Tourism Centre)でマレーダンス鑑賞

娘の休暇も終わりです。最終日は自宅でのんびりくつろいだ後、KLCC近くにある、MTC(Malaysia Tourism Centre)に行き、マレーダンスを鑑賞しました。

MTCのサイトの紹介では以下の様に紹介されています。

Be mesmerised by the diversity of the Malaysian culture through the cultural shows and traditional dance performances held every 4 days in a week Tuesday, Wednesday, Thursday on 3.00pm - 3.45pm & Saturday on 8.30pm - 9.15pm in the Mini Auditorium .This hall can accommodate 140 people and the entrance fee is only RM5.00 for adults and free for children below 12 years of age or Group Visitors.

火・水・木曜日は午後3時から3時45分まで
土曜日は午後8時45分から9時15分まで

大人、一人5リンギ

なかなか面白いです。まだの方は一度行ってみると良いと思います。華やかな衣装と繊細且つ躍動感のある踊りが楽しめます。

CIMG1729.jpg

CIMG1728.jpg


ナジブ首相が提唱している「1マレーシア」により、マレー系・中華系・インド系それぞれの雰囲気を持ったマレーダンスが展開されます。

CIMG1701.jpg

CIMG1702.jpg


人数が多いと、観客も吹き矢に挑戦できます。ショーの後にはダンサーと一緒に写真撮影もできます。

mtc.jpg


夕食の後、娘をKLIAまで送っていきました。これでまた暫く娘の顔を見ることができません。ちょっと寂しい想いです。娘も僕たち両親が仲良くマレーシアで暮らしているのを見て、安心したと言っておりました。明日からはまたいつものマレーシア生活です。

娘とポートディクソンに来ています

昨日(1日)の夕方、KLIAで娘の来馬を出迎え、その足でポートディクソンにきています。

ポートディクソンはKL市内から2時間以内で行ける、最も近いリゾートです。本当はランカウイ島のホテルを予約したかったのですが、10月の段階ですでに予約満杯でした。

娘は現在東京で一人暮らしをしており、毎日忙しくしているので、のんびり出来るようにと、リゾートを探した結果、ポートディクソンのAVILLION HOTELのwater shaletを選びました。漁師の昔の家を模した水上に建つコテージです。西海岸ですので、水は透明というわけには行きませんが、ホテル内にいる限りはリゾート感覚を楽しめるところです。ローカルの人達はしっかりと泳いでいますが・・・。

pdavillion.jpg


部屋は十分な広さがあり、バスタブとシャワースペースが独立していて広々としています。

CIMG1695.jpg

CIMG1697.jpg


今日は朝食の後、午後1時くらいまでプールで泳いだり、プールサイドで本を読んだりしてのんびりと過ごしました。娘は本当に良く寝ています。よほど疲れているのでしょう。

夕食は車で15分くらいのところにある、SEA VIEW RESTAURANT に出かけて海鮮料理を楽しみました。あわびの煮物、海老の蒸し物、カイランの炒め物、豆腐料理、シーフードチャーハン等、まあまあの味でした。

CIMG1683.jpg

CIMG1684.jpg

CIMG1681.jpg


CIMG1682.jpg

CIMG1680.jpg


昨日はホテルも混んでいましたが、今日は休暇も終わりなのか、大分空いてきました。明日ものんびりと過ごす予定です。

今はホテルのフリーWIFIに繋いで書いていますが、とにかく遅いです。とても写真をアップロードできませんので、自宅に帰ってから乗せるようにします。

マレーシアでもお正月気分

新年あけましておめでとうございます。

一年の計は元旦にあり…ということで今朝は妻と二人で神様に家族の健康、幸せを願って祈りをささげました。

昨年は妻が食材をそろえ、おせち料理を作って正月を迎えましたが、今年はこれから日本から来る娘を空港に出迎え、そのまま旅行に出掛けます。

そんなわけで今年はおせち料理を作らない代わりに、日本人会の和食レストラン「日馬和里」で3日間限定の「お雑煮セット」を食べてきました。

CIMG1666.jpg

お雑煮、黒豆、なます、田つくり等おせち料理の定番を少しだけ楽しめました。我々夫婦には少し量が多かったのですが、まずは正月良いスタートを切れました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。