スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェンマイへ行ってきました

日本人の友人夫婦と我々夫婦で5泊6日のチェンマイ観光・ゴルフ旅行に行ってきました。

今の時期がタイ旅行をするには最適の季節のような気がします。チェンマイの朝は気温17℃、日中28℃位まで上がりますが、湿度が少ないので大変さわやかです。ほとんど汗をかくことはありません。長袖のインナーの上にポロシャツを着て丁度良い感じです。

今はハイシーズンですので、ゴルフ料金もちょっと高めですが、仕方が無いですね。ゴルフは3ラウンドしました。アルパイン、メージョー、ハイランズの各コースを回りましたが、アルパインは改装が終わったようで、ゴルフコース、クラブハウスとも最高の状態でした。でもバギーはフェアウェイには入れませんでした。メージョーは一番料金が安いこともあるのか、韓国人グループがやけに目立ちました。キャディーの質は今回のツアーの中では一番良かったです。でもシャワー設備などはあまり良いとはいえません。ハイランズはやはり良いコースです。すべてにわたって満足感があります。

観光はドイステープ寺院、エレファントキャンプ、首長族など少数民族の村探訪などをしてきました。

ホテルはナイトバザール近くのチェンマイプラザホテルをとり、女性軍は夜の買い物も楽しんだようでした。

今回は僕が航空券の予約から、ホテル、ゴルフの設定まで世話役をやらせてもらいましたが、結構楽しめたと思います。でも若干疲れたようで、マレーシアに戻った日から風邪をひいたのか、高熱と下痢に数日苦しみました。やはりまだトラブルは続くようです。
スポンサーサイト

またトラブル…エンジンがかからない!

マレーシアに戻り、初ゴルフの朝、ゴルフ場に向かおうと車のエンジンをかけようとしましたが、セルは回るものの、音が変だし一向にエンジンがかかりません。何度か繰り返しましたが全く同じです。セルは回るのでこれは電子燃料噴射装置が故障したと思い、症状をセールスに伝えました。

セールスのトロイは気を利かせて何か車に関して問題があったら、必ず自分に連絡するようにといつも言っているのです。彼はすぐにメカニックに連絡させると約束してくれました。

しかしいくら待ってもメカニックからの連絡が無いので、再度トロイに電話。トロイは僕からの電話の後、すぐにメカニックに連絡を取ったということですので、メカニックがのんびりこいているようです。

結局その日は連絡無し、とうとう一日車を使えませんでした。やっと翌日の昼になってメカニックがやってきてチェックしましたが、やはりセルは回るもののエンジンはかかりません。まずバッテリーを交換してみるということで、新しいバッテリーをセットし、エンジンスタート。あらら…問題なくかかりました。

メカニック曰く、バッテリーの電圧低下、限界だそうです。この車のバッテリーは2年半ほどですが、日本では4~5年乗っても特に問題ありませんでしたので、確かに常夏の国ではバッテリーの寿命は短くなるとは思いますが、バッテリーに関してはあまり気にしていませんでした。

メカニックには1年ごとに交換してくれと言われました。確かにこちらのバッテリーを使う場合には1年過ぎたら気をつけたほうが良いでしょうね。兆候無しにいきなり来ますからね。

マレーシアに戻ってきました・・・トラブルあり

名古屋を発ってシンガポール経由でマレーシアに戻ってきました。

でも今回は結構トラブル続きでかなりしんどかったです。

まず名古屋で搭乗寸前で呼び止められ、スーツケースを開けられました。知らずに入れていたアースレッド(あの煙がもくもく出るやつですね)がレントゲン検査で見つかり、没収されました。発煙性ですから当然ですね。この場合、カギの開閉だけで絶対に中を触らせてもらえないです。アースレッドを取り除いたところを少し形を整えたかったのですが、拒否されました。

次のトラブルは飛行機の中で転んでメガネを破損してしまいました。いつもは必ず予備のメガネを持っているのですが、今回はスーツケースの中に入れてしまい、強度の近視の僕としては大変困りました。妻がいなかったらもっと大変な思いをしていたでしょう。

やっとKLIAに着いたもののコンドはあの名古屋で開けられたスーツケースだけが出てきません。調べてもらった結果、シンガポールで止まっているとのこと、仕方なくコンドまで届けてもらうように手続きをし、くたくたになって帰宅しました。1時間後、シンガポール航空から電話が来て夜中の1時に荷物が空港に着とのこと、明日の午後に持ってくるように指示してやっと眠りにつきました。

昨年末には可愛い初孫が誕生して良いことで1年が締めくくれてたいへん満足でしたが、今年はスタートからちょっと問題ありです。これで嫌なことはおしまいになるように注意して過ごして行こうと思います。

腰痛は・・・

ほぼ、ぎっくり腰の状態で帰国したわけで、何とかしなくてはいけなかったのですが、今までの経験で整形外科では「年相応」の診断で湿布薬と鎮痛剤の処方あるいはやっても効果の薄い神経ブロック注射、治療院ではマッサージ、低周波治療、温熱療法、針治療で根本治療とはかけ離れたもので、場合によっては治療後痺れに悩まされることもしばしばでした。

そんなこともあって湿布は必要ですので湿布ゲットの為、整形外科への受診はしましたが、今回の帰国ではかいすうはかぎられるものの、姿勢の改善の為に整体を試みることにしました。

自分でも身体の歪みは自覚していましたので、治療後すぐに腰痛の改善は期待しませんでしたが、今後長期に渡って体のケアをすることを目的にして、整体にチャレンジしてみました。

一時帰国後6回ほど通いました。いわゆるボキボキやる、あの整体ではなく大変緩やかなもので、いつもタイマッサージを経験している僕にとっては、少々物足りない部分もありましたが、大分身体のひずみが取れてきた感じがします。腰痛は劇的には改善していませんが、背骨が伸びた感じがします。妻に言わせるとここ数年身長が縮んできた感じがしたけど、背が高くなったようだ、とのことです。

1年計画で身体のバランスを整え、徐々に筋肉も鍛え、腰痛に対峙したいと思っています。

2012年が良い年になります様に!

新年明けましておめでとうございます。

日本に一時帰国してから、思いの外忙しい日々を過ごしていましたが、年が替わってやっとのんびりしています。

考えてみれば、マレーシアに主なる生活の場を移してから初めての日本で迎える正月です。昨年は大震災があり、ブログのほうも何となく気が乗らず、書くことはあるもののサボり癖がついてしまいました。今年はまた気分一新頑張ろうと思っています。

そんな中、昨年末には初孫が生まれました。いやあ、可愛いものですねぇ。これからは一時帰国の際も楽しみが増えました。

mago1.jpg


もうすぐマレーシアに来て3年を迎えますが、悪い意味で「慣れ」てしまって、向上心が若干薄れてきてしまったように感じます。昨年還暦を迎えましたが、それを機会に今年は少し気力を持って、頑張ってみようと思っています。まずは語学を頑張ってみようかな。

2012年が皆様にとって良い年となりますように、祈念しております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。