スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のTVを視る

情報収集や娯楽のためにTVは絶対必要。アストロはNHKとスポーツチャンネルを契約しているものの、やはりどうしても日本のTVを視たくなります。日本のTVを視る方法はいくつかありますが、うちではソニーのロケーションフリーを使っています。

居間でインターネットにTVボックスを有線で接続し、50インチのプラズマテレビを使って視ています。画質は以前どなたかのブログで「とても使い物にならない」と評価されていましたが、ところがどっこいなかなか使えています。以前の記事でも書きましたが、インターネットのダウンロードのスピードは2メガ契約で1.7メガ程度は出ていますので、ゴールデンタイムでも画面のフリーズも無く視聴することができています。

ただこのスピードもマレーシア国内での話で、マレーシアと日本の回線が異常に落ちる時がまれにあります。そうすると画質がガクンと落ち、画面のフリーズも起こります。


CIMG1180.jpg
日本から持ち込んだエンターテイメントシステムに接続すれば映画番組も迫力あるサウンドで楽しめます。


CIMG1181.jpg
50インチでこのくらいの画質があればまあまあです。アストロの画質とあまり差がありません。


CIMG1189.jpg
これはTVボックス、パソコンを使わないで直接、ルーターとTVにつなぎます。


このTVはオーナーが残していってくれたものですが、それとは別に自分で購入した38インチの液晶TVがあるので、これは寝室に置いて寝ながらDVDや日本のTVを楽しんでいます。

寝室でパソコンを使う時には通常は無線LANを使用していますが、ネットサーフィン・メールなどでは全く問題なく使えますが、やはりロケーションフリーでTVを視る時には、少々きついです。そこでTVを視る時だけ、LANケーブルを使っています。

パソコンのHDMI端子とTVの端子を接続し、パソコンにインストールしてあるロケーションフリープレーヤーを立ち上げるとパソコンの画面を大型テレビに映し出すことができます。ただ寝ながらTVを視ていると、すぐに眠くなってしまうのが難点です。笑


CIMG1184.jpg
こんな感じで視ています。


CIMG1183.jpg
画質も居間と同様に充分使い物になっています。


CIMG1186.jpg
HDMI端子を利用して、さらにLANケーブルでルーターと接続しています。居間のルーターと接続する必要があるので結構長いケーブルが必要です。


今のところ画質には大きな不満はありませんが、何せ生産終了品ですので、もし故障したら終わりです。それからこのシステムを動かすには日本側にベースステーションを設置しなくてはいけないので、日本で管理してくれる人が必要です。うちの場合は長男が住んでいますので、接続が切れた時にはリセットしてもらっています。これが比較的起こりやすいのが難点でしょうか。

うちの場合には日本で以下のような接続をしています。

 UHFアンテナ・BSアンテナ地デジ・BSチューナーDVDレコーダーロケーションフリーベースステーション
 
従ってアナログ放送が終了しても地デジを視る事ができるし(画質はアナログ画質)、BSや契約していればWOWOWやスカイパーフェクTV、またDVDレコーダーに撮りためた映画番組も視る事ができるので退屈することはありません。

でもこれらは全てインターネットの回線速度に依存するので、VIP5になってさらに速く、安定することを期待しています。


スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。