スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辛くない唐辛子調味料、「真っ赤ジャン」

NHKの「ためしてガッテン」で辛くない唐辛子調味料、その名も「真っ赤ジャン」のことを放映していました。

唐辛子にはカプサンチンという成分が多く含まれているとのことです。カプサンチンはβ-カロテンの2倍の抗酸化力があるといわれていて、がんの予防や、血中の悪玉コレステロールの酸化を防いだり、善玉コレステロールHDLを増やし、動脈硬化の予防や改善など、生活習慣病の予防に効果があります。

若干、血中コレステロールに問題があるので、カプサンチンを摂取したいのですが、でも唐辛子は強烈な辛さがあり、辛いのが好きな僕でもそうたくさんの量を取ることは無理です。

「ためしてガッテン」では唐辛子の辛味抜きの方法と辛味を抜いた唐辛子を使った調味料「真っ赤ジャン」の調理法を紹介していたので、さっそく我家の料理に取り入れることにしました。

幸い、ここマレーシアでは様々な種類の生の唐辛子が手に入るので、取り敢えず大小2種類の赤唐辛子を買って来て、「真っ赤ジャン」を作ってみました。

CIMG1258.jpg
これは小さな唐辛子、こちらのほうが辛味が強いです。

CIMG1216.jpg
完成した真っ赤ジャン

辛味を含むのは種がついている、ワタのような部分ということなので、それを取り除き、みじん切りにします。赤のパプリカも同様にみじん切りにします。それを炒めて醤油と酒で味をつけ、鰹節と粉チーズを加えて出来上がりです。

大きな唐辛子を使ったものは全く辛味を感じません。むしろ甘みを感じます。小さな唐辛子を使ったものは少し辛味が残りました。でも辛いのが好きな僕たち夫婦には丁度良い調味料となりました。

冷蔵庫で10日間くらいは問題なく保存できるそうです。生野菜のドレッシングとして、卵焼きの具として、また煮物や炒め物の調味料として使えています。強い辛味を感じないで唐辛子の栄養成分を摂取できるので、重宝します。
スポンサーサイト
コメント

No title

スラマッ パギ!
かなり腰の調子も良くなってきているようにお見受けしますが?いかがでしょうか。

私も生姜湯を飲むようにしていますよ、なにしろ簡単なので・・生姜剃ってお湯をさすだけ・・笑

簡単じゃないと長続きが。。。。。。

Re: No title

クチンさん こんばんは。
マレーシアは雨が少なく(と言うかここ1週間は全く降らなかったと思います)、暑くなってきました。そのせいもあるのかな?腰の状態は日に日に良くなってきています。今は腰の皮膚の痺れはほとんど感じなくなってきました。多少は感じますが…笑
ただ朝起きたての時はぎっくり腰を起こしそうで怖いです。ストレッチをして15分、ジョーバで腰をまわしてから行動開始をしています。
生姜湯は良いですね。身体を暖めますから。僕も一時ダイエットをしていた時に体の冷えを抑えるために、よく飲んでいました。クチンさんの身体にも合っているようですね。これから寒くなると思いますので、気をつけてくださいね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。