FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルファーのデング熱予防

最近、友人のゴルファー達が高熱を出して寝込んだという話を良く聞きます。

そうそう、あなたのことですよ。爆) いやいや笑ってはいけませんね。

幸い、彼等はデング熱ではなかったようですが、39度くらいの高熱が数日から1週間も続き、大変に苦しかったということです。結局、原因が良くわからなかったという人が多いようです。原因がわからないというのは怖いですね。むしろデング熱とわかっていたほうが良いのかもしれません。

さて今日はデング熱のことを話題にしてみたいと思います。デング熱は熱帯に多く生息する、ネッタイシマカやヒトスジシマカというやぶ蚊の仲間が媒介するデングウイルスによって引き起こされます。

このデングウイルスに一度感染すると、終生抗体ができるので二度とデング熱を発症することは無いそうですが、デングウイルスは4種類存在し、種類が違うと抗体も作用しないので再度デング熱に感染します。つまり人間は一生に4回デング熱に感染する可能性があるということです。

また2度目の感染の場合には出血を伴う「デング出血熱」にかかる確立が高くなるようです。デング出血熱では普通のデング熱と違って死亡率がグンと高くなるようですので、注意が必要です。

じゃあ、どう注意したらよいかということですが、予防ワクチンはありませんので、デングウイルスを媒介する蚊に刺されないようにするしかありません。マレーシアのゴルフの良いところは年中軽装でゴルフが楽しめるというところです。実際僕もここのところずっと半そで半ズボンでプレーしています。これを一回経験するともう長ズボンには戻れません。防虫スプレーは必ず使用していますが、それでも必ずと言ってよいほど蚊に刺されます。周りで高熱を出したという話を聞くと、やはりゴルフは長袖長ズボンで無ければダメかな、と考え始めています。

特に午前中の蚊に注意しなくてはいけないとも言われます。最近マレーシアでは遺伝子を操作してデング熱を撲滅しようという動きがあり、いろいろと物議をかもし出しています。

デング熱自体はあまり死亡率は高くないようで、ローカルの人は一生に一回はデング熱にかかると言われています。でもそれでも経過が悪いと死亡することもあるわけで、もしかかった場合には適正な治療をしなくてはいけません。対症療法ですがちゃんと治療しましょう。

取りあえず、明日は半そで半ズボンでゴルフをしよっと!笑)
スポンサーサイト
コメント

No title

Dr おはようさんです~
<取りあえず、明日は半そで半ズボンでゴルフをしよっと!笑) >
タイトルと結論にギャップ有り過ぎですよ~笑

デングウイルスが4種類有るとは知りませんでした。ヤモリのほうがまだましか・・けど、やっぱり苦手だな、かみさんはヤモリをみると可愛いだって、
気がしれない・・<`ヘ´>

Re: No title

クチンさん 
半袖半ズポンでいる開放感は一度味わうともう止められないんです。でも次に書きますが長袖長ズポンの必要性は蚊の予防だけではないんですよね。紫外線の対策の意味でも必要ですので、真剣に考えています。
ヤモリはあの走る姿を見ると確かにかわいらしさも感じますよ。でもいなければいないに越したことは無いですが、害虫を食べてくれますから、役に立っていますよ。あまりむげに嫌わないでくださいね。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。