スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルファーの日焼け対策その2…サングラスの薦め

日差しの強いマレーシアで日焼け対策をしなくてはいけないのは皮膚だけではないですよね。

眼も皮膚と同様に有害紫外線にさらされています。有害紫外線によって引き起こされる目の病気の代表格は角膜炎と白内障です。どちらも悪化すると失明の危険性をはらんでいます。

僕の周りのゴルファーでも白内障を経験している方が何人かいます。そして角膜炎や白内障を予防するためにはサングラスを使用することが大切です。

白人はサングラスに対して違和感が無いようですが、日本人は人相が悪くなるという理由からサングラスを避ける人も多いと聞きます。また汗をかくことによって曇るということもあるかもしれません。でも長くゴルフを楽しむためには、大事な眼を保護してあげることは必須だと思います。

最近のスポーツサングラスでは紫外線カット機能は問題ないと思いますが、あまり安いものではレンズに色が付いているだけで紫外線をカットしないものもあるようです。この部分はしっかりとチェックする必要があります。

紫外線をカットする機能がないと、サングラスをかけることによって瞳孔が開き、逆に多量の紫外線を取り込んでしまうことになるので注意が必要です。

また近視の方で度付きのサングラスをかける場合には、スポーツサングラスのような曲面の強いデザインのものを使うと、通常のめがねとは見え方が変わってあまり良くないといわれています。

このようにいろいろな注意点はあるものの、紫外線から眼を守るためにはサングラスしかないわけですから、多少高額になっても、UVカット機能のしっかりしたもの、デザインの格好いいものを選んで、サングラス装着を楽しむのが良いと思います。
 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。