スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bukit Tinggi ゴルフリゾートへ行ってきました

いつものローカルの友人たちに誘われて Bukit Tinggi ゴルフリゾートへゴルフに行ってきました。

場所はゲンティンハイランドのもうひとつ東側の山と言ったらよいのでしょうか。自宅から50分程度で行くことができます。

確かに場所は Bukit Tinggi というところですが、Bukit Tinggi ゴルフリゾートというゴルフ場はありません。着いたところは Berjaya Hills ゴルフリゾートでした。ローカルの友人たちはBerjaya Hills というより、Bukit Tinggi と言う方がが慣れているようで、そんな言い方をしたと言っていました。

コースは18ホールでブルーティーから5,918メーターですので、マレーシアとしては短い部類に入ると思います。アップダウンがかなりあり、慣れないとなかなか距離感がつかめません。

気候はゲンティンに近いだけあって気温は低く、大変涼しいです。当日の気温は20℃くらいでした。またどうしても霧が出やすいので場合によってはプレーができなくなることもありそうです。当日は朝のうちは少し霧がかかっていましたが、時間の経過と共に霧が晴れ、気持ちよくゴルフを楽しむことができました。ただ前日に雨が降ったのか、フェアウェイがかなり湿っており、打ったボールは欄は全く無く、埋まってしまい、泥との戦いでした。←大げさ

CIMG2117.jpg
朝8時半くらいはかなり霧が立ち込めていました。

CIMG2115.jpg
段々霧が晴れてきました。フェアウェイのアンジュレーションがすごいです

CIMG2118.jpg
霧はほとんど気にならなくなっています。フェアウェイはかなり狭いです


友人たちは盛んに「Soggy!Soggy!」を連発しておりました。

CIMG2120.jpg

CIMG2121.jpg

CIMG2122.jpg
メンバーはホアヒンに遠征した時と同じメンバーです。楽しい連中です。

友人たちはすでに5回くらいこのコースに来ているとのことで、昨年と比べるとずいぶんメンテナンスが良くなったといっていました。でもこれくらい下がゆるいと僕の実力では厳しかったです。フェアウェイはボールの落ちどころが狭くなっていて、さらにラフはきつく、僕にとってはかなりタフなコースだと感じました。でも涼しい中でのゴルフは気持ちよかったです。

CIMG2125.jpg

CIMG2123.jpg


そうそうそういえば、一つ面白いシーンがありました。一つのティーボックスで向きの違う二組のティーマークが配置されていました。二つのホールでティーボックスを共用していました。

CIMG2124.jpg


そしてゴルフの後はランチですが、中華系の友人たちがいつもおいしいレストランに連れて行ってくれるので、楽しみにしています。

今回は山を下りたところにある、Bukit Tinggi Village にある「126」という海鮮レストランに行きました。

CIMG2127.jpg


その名の通り、魚類は勿論おいしいのですが、鹿肉やカンポンチキン(地鶏)、さらに地元で取れる野菜も大変美味でした。

CIMG2128.jpg
鹿肉の炒め物です

CIMG2129.jpg
カンポンチキン(地鶏)の蒸し物。とても柔らかいです。

食事が終わって帰路に着くころ、雷が鳴り雨が降り始めました。グッドタイミングでした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。