スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またトラブル…エンジンがかからない!

マレーシアに戻り、初ゴルフの朝、ゴルフ場に向かおうと車のエンジンをかけようとしましたが、セルは回るものの、音が変だし一向にエンジンがかかりません。何度か繰り返しましたが全く同じです。セルは回るのでこれは電子燃料噴射装置が故障したと思い、症状をセールスに伝えました。

セールスのトロイは気を利かせて何か車に関して問題があったら、必ず自分に連絡するようにといつも言っているのです。彼はすぐにメカニックに連絡させると約束してくれました。

しかしいくら待ってもメカニックからの連絡が無いので、再度トロイに電話。トロイは僕からの電話の後、すぐにメカニックに連絡を取ったということですので、メカニックがのんびりこいているようです。

結局その日は連絡無し、とうとう一日車を使えませんでした。やっと翌日の昼になってメカニックがやってきてチェックしましたが、やはりセルは回るもののエンジンはかかりません。まずバッテリーを交換してみるということで、新しいバッテリーをセットし、エンジンスタート。あらら…問題なくかかりました。

メカニック曰く、バッテリーの電圧低下、限界だそうです。この車のバッテリーは2年半ほどですが、日本では4~5年乗っても特に問題ありませんでしたので、確かに常夏の国ではバッテリーの寿命は短くなるとは思いますが、バッテリーに関してはあまり気にしていませんでした。

メカニックには1年ごとに交換してくれと言われました。確かにこちらのバッテリーを使う場合には1年過ぎたら気をつけたほうが良いでしょうね。兆候無しにいきなり来ますからね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。