FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴルフ 「振り子打法」

2月から日本に一時帰国をしておりました。

今回の帰国の目的は豊富です。まずは確定申告、息子に歯科医院の仕事は譲ったものの、会計面ではまだ必要とされているようですので、この時期必ず帰らなくてはいけません。また自分もまだ給与所得が少しありますので、所得税還付のための申告もしなくてはならないのです(もっともこちらは帰国の飛行機代にもなりませんが 笑)。

次の目的は初孫との再会です。いやあ、可愛いものです。妻と毎日、じいちゃん・ばあちゃんをやっています。

それからゴルフ関係の帰国目的は最近とみに酷くなってきた腰痛治療と、あまり腰に負担をかけないゴルフスイングのレッスンを受けることです。

ネットでチェックしたところ、自宅の近くに「ゴルフスクール72」というスクールをしている夏目秀樹プロという方がいることがわかり、体験レッスンを受けてみることにしました。

夏目プロ自身も腰を痛めた経験があり、腰への負担をあまりかけないスイングを指導されているとのことで、いろいろお話を伺いました。

実はこの体験レッスンは無料にもかかわらず、ビデオでスイングを解析していただき、僕のスイングの欠点を指摘してもらいました。僕のスイングのイメージは下半身を固定し、上半身を思いっきり捻り、解き放すというのもでしたが、それが腰を痛める原因だということでした。おまけに上半身だけの力を使っているので、腰が悪くなれば飛距離はどんどん落ちて行ってしまうという、今の僕の悩みをずばり言い当てられてしまいました。

そこで教えてもらったのが「振り子打法」。イメージの造り方はいたって簡単明瞭です。体の前で右手の親指と人差し指でクラブのグリップをつまみ、振り子運動させます。ヘッドが戻り始める寸前にステップアップした左足をダウンし、その勢いでヘッドを振ります。

もう一つアドバイスを受けたのが、腰を回転させる為に、左膝からスイングを開始することです。夏目プロ曰く「ゴルフスイングはこの2つだけですよ」。確かに腰をスムーズに回転させる、グリップの脱力、切り返しのタイミング、スイングスピードの加速、力を入れないでボールを真直ぐ飛ばすコツがすべて含まれていると感じました。

あとは具体的なレッスンで細かいところをみてもらいたかったのですが、実は腰痛治療でブロック注射を行ないましたが、暫くゴルフ禁止の指示を受け、今回はゴルフレッスンは断念せざるを得ませんでした。次回の帰国時には再び夏目プロの指導を受けたいと思っています。

ところで腰痛。ペインクリニックで診断を受けましたが、思ったより悪いとのことでした。脊椎骨の変形が進んでおり、4箇所問題点があるそうです。おそらく現役時代の姿勢が悪かったのでしょう。今回は4回の通院で、2箇所に合計4回のブロック注射をしました。痛みは継続中ですが、感覚的には痛み方は半分程度に減った感じです。

暫くはストレッチ、マッサージ、ノイロトロピン(鎮痛剤の一種)服用で経過観察といったところです。もちろんゴルフは続けるつもりです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。