FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えっ、取り立て屋がやってくる?

引越し後、考えられるところは直ぐに住所変更をしたのですが、それでも郵便物は暫くは旧住所に配達されてしまいます。日本のように転送サービスがあれば良いのですが、マレーシアでは聞いたことがありません。

そんな訳で前コンドのオーナーに郵便物の保管を頼んでおいたので、それをもらってきました。その中にとんでもないものが入っていました。HSBCマレーシアからの督促状です。「あなたには600マレーシアリンギの負債があります。入金がないので取り立て会社に依頼しました。まもなくその会社から連絡があるはずです」という内容のものでした。

HSBCに関しては最初に日本でプレミア口座を開設し、その後マレーシアでもプレミア口座を開設しました。ところがHSBCJapanがプレミアから撤退することになったので、昨年末日本の口座を解約しました。

HSBCマレーシアの場合は他の銀行と比べて定期預金の利率も低いので、今年の1月の定期の満期を待ってクローズすることにし、ペタリンジャヤ支店に出向き、満期になった定期預金を普通預金に移し、他の銀行口座に送金しました。円口座については円のままマレーシアの他の銀行の円口座には送金できないとのことで、日本の銀行に送金しました。普通預金・定期預金・円口座すべてを解約して手続きを終えていたのです。

従ってHSBCマレーシアからの手紙の内容については全く意味不明だったのですが、内容が内容なので無視するわけにもいかず、仕方なくペタリンジャヤ支店を訪れ、その時担当してくれた行員をつかまえ、確認してもらいました。彼女が確認したところ残高は「0」とのこと、解約手続きは問題なく完了していました。なんなんだ、HSBC。

その後、取り立て屋はやってきておりません。笑
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。