スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サワーソップという果物に挑戦してみました

ローカルの友人と話をしている時、癌の話題が出ました。当地マレーシアでも癌で亡くなる方は多いようです。そんな訳で抗癌作用のある食品にも関心が高いようです。

抗癌作用のある食べ物で有名なのはパパイヤがありますが、今日紹介する「サワーソップ」という果物も抗癌作用が強いということでした。初めて聞いた名前でしたが、ローカルの友人の話によると、緑色の棘を持った果物だということで、言われてみると今までもスーパーの果物売り場で見たことがあったような気がしました。

案の定スーパーの果物売り場を覗いてみるとありました、ありました。

20140127223207066.jpgクリックで拡大

買ってきたら新聞紙でくるんで表面が柔らかくなってくるのを待つんだそうです。柔らかくなってきたら皮を剥いてそのまま食べるか、ジュースにするか、シャーベットにして食することが多いようです。今回はそのまま食べてみました。身は白く黒い種が多数あります。食感は柔らかくクリーミーで甘酸っぱい味で悪くはないのですが、独特の匂いがあります。好きかと聞かれると微妙なところです。

20140127223209761.jpgクリックで拡大

真偽の程はわかりませんが抗癌剤の10倍の抗癌作用があると言われているようです。また高血圧にも有効だそうです。

ただ気をつけなくてはいけないのは、ある遺伝子を持った人ではパーキンソン病の症状に似た神経性の病気を発症するリスクがあるそうです。詳しいことはわかりませんが、グァムでは風土病として知られているようです。

しかし熱帯地方にはまだまだ知らない果物がありますね。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。